フォーク移動式荷役装置

  • Inventors:
  • Assignees: 武 林
  • Publication Date: July 31, 1998
  • Publication Number: JP-3050678-U

Abstract

(57)【要約】 【課題】トラックによる輸送効率を上げるには、荷役時 間の短縮が重要である。本考案は、あらかじめ本考案装 置にトラック1台分の荷物を積み付けておき、トラック の後部から積みつけたそのままの状態で、一度に積み込 んだり、荷下ろしするフォーク移動式荷役装置と方法を 提供する。 【解決手段】トラック荷台の内法寸法と、ほぼ等しい長 方形の台座は、水平方向に設置され、トラックの空車状 態の荷台より少し高く設定し固定してある。その台座の 上へフォークリフトで両側面から荷物を積み付け、トラ ックが後進にて台座の正面に後部開口部を臨ませる。次 にトラック後部の荷台の下からトラックの荷台をジャッ キアップしてトラック荷台の高さを、台座の高さに合わ せる。台座の溝の中に挿入された長い車輪付フォークを 微少寸法上昇させ、積みつけられた荷物をそのままの状 態で、フォークの上に載せてトラックの荷台の中へ移動 し積み込む。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      KR-101747830-B1June 14, 2017(주)한성중공업이송 장치